大阪・東京・神戸(兵庫)・京都・横浜(神奈川)・千葉・埼玉の任意売却や住宅ローンの相談所

きっとリセットできる任意売却専門相談室

土日祝も受付中

千里コンサルティングオフィス株式会社

お気軽にご相談ください 無料相談 秘密厳守 0120-15-2020 営業時間 9:00?20:00(土・日・祝もOK)

メールでのご相談はこちら

ホーム任意売却の解決事例 > 別れた妻子のことを考えると自己破産はできない

任意売却の解決事例

別れた妻子のことを考えると自己破産はできない

横浜市住在のO様の事例

住  所:神奈川県横浜市
職  業:自営業
年  齢:40代
家族構成:妻、息子1人
債務残額:1,800万円
売却残額:1,500万円

Oさんは2年前に離婚しました。奥さんは、当時5歳の息子さんを連れて田舎の実家へ戻ったそうです。
その後、Oさんは、結婚するときに購入したマンションの住宅ローンを払いながら一人で住み続けました。

ところが、リーマンショックの影響で収入が激減してしまったのです。
住宅ローンの滞納が続き、やがて裁判所から通知も届きました。
一時は自己破産も考えたOさんですが、マンションを購入した時、別れた奥さんが連帯保証人になっていたことを思い出したそうです。

借金が残ることを承知で任意売却を選択

自己破産を申請して免債されると、債権者は、連帯保証人に返済を求めることになります。 つまりOさんの場合、別れた奥さんが残り1,800万円の借金を背負うことになるのです。
別れた妻子に負担をかけたくないと思ったOさんは、自己破産以外で住宅ローン問題を解決する方法を求めて、弊社にご相談に来られました。担当者は、Oさんの残債を少しでも小さくするため、できるだけ高値で任意売却することを目指しました。

残債の返済目処も立って一安心

弊社のネットワークをフル活用して販売活動をした結果、ほぼ相場通りの1,500万円で売却することができました。
それでも完済には300万円ほど足りませんが、弊社の担当者が債権者と交渉し、残債は毎月少しずつ返済していけることになりました。

  • 0120-15-2020

営業時間 9:00~20:00(土・日・祝もOK)

メールからのご相談・お問い合わせは、コチラ