コロナ禍の中古住宅事情|大阪で任意売却なら千里コンサルティングオフィス

きっとリセットできる任意売却専門相談室

土日祝も受付中

千里コンサルティングオフィス株式会社

お気軽にご相談ください 無料相談 秘密厳守 0120355064 営業時間 9:00~20:00(土・日・祝もOK)

メールでのご相談はこちら

任意売却相談室ブログ

コロナ禍の中古住宅事情

2021/8/3

大阪でも、緊急事態宣言がまた延期され、相変わらず、何とも言えない状況が続いていますね。ここ最近、売却金額が高すぎ、しかし、金融機関はこれ以上は下げられない。もう競売まで時間がない・・・。という物件が、立て続けに売れております。コロナの為、物件金額が下がっていると考えがちですが、中古住宅市場は、確実に上がっております。理由は簡単です。この時期に売るのは得策ではない、と考える方が当然増えているために、売却物件自体が極端に減っているのです。
その為に売却の依頼を受ける、主に大手の不動産会社も取り合いになり、売却額の値上げ合戦になっています・・・。ただここで注意した方が良いのは、あくまでも、仲介で不動産会社に依頼をする場合、業者の言う金額は、買取の金額ではありません。車とは違い、あくまでもこの金額で頑張ります!という金額です。結局売れなければ徐々に値段を下げていきます。それでもお客様からすれば、このきんがくで??くらいの金額を提示されれば、思わず信じてしまうもの。そのために市場に出回っている物件がコロナ前よりも数は少なく、値段は1~2割くらい高くなっています。(大阪市内は)買い手側からすれば、前より高くても買う方もいらっしゃり(コロナバブル?)、結局相場が上がっているのです。
なので、今間違いなく言えてることは、売り手市場ということ。それは間違いありません。
普通なら任意売却になる、いわゆる債務超過いなるような物件でも、残債額以上で売れる可能性は大いにあります。
今現在、銀行に交渉をし、リスケをされている方々、
いずれ銀行は、返済を様って来ます。その時までに体力が戻れば一番良いのですが、その可能性があまりないのでしたら、まずは査定だけでもしてみるべきだと思います。
私も無理に家を手放すことをお勧めはしません。しかし、コロナとか関係なしに、そもそも、今の家に対する執着や、世間体を捨てて、売却をしたことにより、新しい人生を踏み出せてよかったと言われる事が私は多々あります。
是非一度査定だけでもされてみる。ことも選択肢の中に入れてるることをお勧めします。