管理費、修繕積立金に滞納がある場合のマンション任意売却|大阪で任意売却なら千里コンサルティングオフィス

きっとリセットできる任意売却専門相談室

土日祝も受付中

千里コンサルティングオフィス株式会社

お気軽にご相談ください 無料相談 秘密厳守 0120355064 営業時間 9:00~20:00(土・日・祝もOK)

メールでのご相談はこちら

大阪で任意売却なら千里コンサルティングオフィス任意売却相談室ブログ > 管理費、修繕積立金に滞納がある場合のマンション任意売却

任意売却相談室ブログ

管理費、修繕積立金に滞納がある場合のマンション任意売却

2021/11/29代表者ブログ

マンションの任意売却の際、管理費や修繕積立金などの滞納は、どうすればよいのか、たまに聞かれることがあります。

任意売却の場合、滞納をされている、管理費、修繕積立金は、売却額の中から、返済に充てられます。

延滞金などは、支払われませんが、過去5年分の元金に関しては、殆どの債権者で、配分の中に組み込むことが出来ます。

その為、ある程度滞納がたまっていたとしても、管理人さんや管理組合の人の目が気になるとは思いますが、

無理をしてすぐに支払われなくても、売却時に、全額返済は可能です。

固定資産税に関しては、2~3年以上、滞納をしていると、市税課から、差し押さえが入ってしまい、基本全額納付をしないと、売却が出来なくなります。

1年くらいの滞納では、まず差し押さえは入りませんが、売却後も、固定資産税は、支払う義務は残りますので、

出来れば少しづつでも、

支払われた方が良いです。売却になりましたら、引き渡し日から、計算をして、その年度の残りの分を、

買主さんに請求が出来ます。

大阪の場合、4月1日が起算日で計算されますので、引き渡し日から

来年3月末までの分を日割り計算し、

決済日に現金でいただき、納付はご本人がします。

住宅ローンの返済でお困りの方は、固定資産税だけは、払っておいた方が、賢明です。ただ、もうすでにある程度の滞納があり、市税課から

差し押さえが入っている場合でも、市税課の担当者に弊社が、交渉をしに行きますので、任意売却は可能です。お気軽にご相談くださいませ。

代表者ブログの最新記事

969管理費、修繕積立金に滞納がある場合のマンション任意売却

2022/1/27

住宅ローン以外の借り入れも多くある、そんな方へ

https://www.youtube.com/watch?v=xHk4WvlkPIw ご相談者の多くの方は住宅ローンの借り入れ以外

965管理費、修繕積立金に滞納がある場合のマンション任意売却

2022/1/20

サイト上で選ぶ任意売却業者の見極め方

https://www.youtube.com/watch?v=_DBZHKjgACE&t=161s 任意売却の業者選びの際、特にサ

962管理費、修繕積立金に滞納がある場合のマンション任意売却

2022/1/18

任意売却の際、引っ越し費用はもらえるのか?

https://www.youtube.com/watch?v=_tKDrupBV3s&t=574s 住宅を大手不動産会社などに