住宅ローンを払うお金がない人が家を売る方法!そのほかの借金が返せない場合の選択肢も解説|大阪で任意売却なら全国任意売却支援相談室(千里コンサルティングオフィス)

一般社団法人全国任意売却支援相談室一般社団法人全国任意売却支援相談室

土日祝も受付中

全国任意売却支援相談室(千里コンサルティングオフィス)株式会社

お気軽にご相談ください 無料相談 秘密厳守 0120355064 営業時間 9:00~20:00(土・日・祝もOK)

メールでのご相談はこちら

大阪で任意売却なら全国任意売却支援相談室(千里コンサルティングオフィス)任意売却相談室ブログ > 住宅ローンを払うお金がない人が家を売る方法!そのほかの借金が返せない場合の選択肢も解説

任意売却相談室ブログ

住宅ローンを払うお金がない人が家を売る方法!そのほかの借金が返せない場合の選択肢も解説

2023/5/29住宅ローン

住宅ローンを払うお金がなく、将来の生活に不安を抱えている場合、家を売ることが頭に浮かぶのではないでしょうか。

家を売る場合、返済を長期間滞納すると売却方法の選択肢が狭まりますが、早い段階であればなるべく高い価格で売却することも可能になります。

 

では、どんな方法で家を売ることができるのでしょうか?

この記事では、家を売る方法、なるべく早く高値で家を売る方法を解説します。

 

また、住宅ローン以外の借金を返済できない人が、家を売る方法以外に取れる選択肢についても解説しています。

返済の負担を減らしたい方は、ぜひ参考にしてください。

お金がない人

住宅ローンを払うお金がない方の家を売る方法

収入の減少やケガ、病気など、さまざまな理由で住宅ローンが払えなくなったら、不動産会社を仲介しての売却か任意売却、リースバックを利用して家を売ることができます。

 

「まだ住宅ローンを払い終えていないのに売却できるの?」と疑問に思うかもしれませんが、条件次第では家の持ち主が主導となっての売却が可能です。

返済が滞って競売にかけられる前にご自身の手で売却し、売却価格をローンの返済にあてましょう。

 

不動産会社を仲介しての売却

住宅ローンを滞納する前であれば、不動産会社を仲介しての売却がおすすめです。

不動産会社は、不動産仲介業者か不動産買取業者を利用できます。

会社によって営業力や対応力が異なるため、事前にリサーチしてから売却を依頼してください。

 

任意売却

半年程度返済を滞納している場合は、任意売却が了承されるケースがあります。

競売にかけられるよりも市場価格に近い金額で売却できる可能性があるため、返済を滞納してどうしても返済できない場合は任意売却がおすすめです。

 

リースバックの利用

リースバックとは、持ち家を売却して売却金を手に入れた後、賃貸として住み続ける方法のことです。

住む環境が変わらないほか、引越しに必要な費用も掛かりません。

 

しかし、リースバックできる条件や契約によっては「ずっと住み続けることができない」「契約を更新するための交渉が必要」などのデメリットがあります。

リースバックを利用できるか否かは契約内容によって大きく異なるため、必ず確認しましょう。

 

お金がない時こそ知りたい「早く高値」で家を売る方法

早く高値で家を売るなら「任意売却」がおすすめです。

以下では、任意売却をするときのおすすめの方法をご紹介します。

 

不動産買取業者に買取りを依頼する

不動産買取業者を利用すれば、買主が決まる前に買取りしてもらえます。

そのため、早くお金を得ることが可能です。

 

しかし、買取価格が相場の6~8割程度になることもあるため、高額での買取りは期待できません。

買取りよりも高額で売却したい場合は、不動産仲介業者に依頼してください。

 

可能であれば時期を見計らって売却する

住宅ローンを延滞しておらず、まだ数カ月か1年ほど返済できる予定であれば、時期を見計らっての売却がおすすめです。

不動産の需要は2月から3月に集中しているため、12月から不動産会社に相談して売却活動を行えば、需要が高まったベストタイミングで売却できます。

また、家の周辺で商業施設のオープンや交通機関の拡充が予定されている場合も需要が高まるため、そうしたタイミングで売却するとよいでしょう。

 

買取保証のある不動産会社を利用する

不動産会社の買取保証とは、売り出した物件が一定期間売却できなかった場合、あらかじめ決めた価格で不動産会社が買い取る保証のことです。

 

早く買主が見つからなかった場合でも売却できるため、期限が迫っていても安心して売却活動ができます。

そのため、売却期間が決まっている場合や買主が見つかるか不安な場合は、買取保証のある不動産会社を選ぶとよいでしょう。

 

住宅ローン以外の借金を抱えているお金がない方が「家を売る以外の選択肢」

借金を抱えていても「なるべく家は手放したくない」と考えている方も多いはずです。

そのような方は、延滞前に金融機関に相談するか、債務整理を行ってはいかがでしょうか?

どちらも専門家への依頼が必要ですが、返済期限を延ばすことで借金の負担軽減に繋がります。

 

延滞する前に金融機関に相談する

借金の返済を延滞する前に、借入している金融機関へ相談してください。

病気やケガ、世界情勢などが理由で収入が減少し、返済できなくなっている場合は返済期限を延ばしてくれる可能性があります。

 

なお、無断で借金の返済を延滞すると遅延損害金が発生するため、延滞する前に相談するのがポイントです。

 

債務整理を行う

債務整理とは、弁護士や司法書士に依頼して借金の負担軽減に繋げる方法です。

 

債務整理には任意整理と個人再生、自己破産があります。

自己破産すると家を手放すことになるため、個人再生の活用がおすすめです。

 

借金の減額や免除などに繋がりますが、いずれの方法でも個人信用情報がブラックになるため最終手段として利用しましょう。

 

債務整理について詳しく知りたい方は「住宅ローンが払えない!競売しか方法はないの?」をご覧ください。

 

まとめ

住宅ローンを払うお金がない方が家を売る方法と、住宅ローン以外の借金を抱えている方が家を売る以外にできる選択肢について解説しました。

 

住宅ローンの返済を長期間延滞すると、競売にかけられてしまいます。

競売での売却は市場価格よりも低くなってしまうため、住宅ローンの返済額よりも売却価格が低くなることも。

そのため、住宅ローンを返済するために家を手放してもマイナスが大きいため、その後も継続して返済しなければなりません。

 

住宅ローンの返済を延滞している場合は、競売にかけられる前に任意売却することをおすすめします。

任意売却とは、債権者の了承を得て不動産会社を仲介し住宅を売却することです。

市場価格に近い価格で売却できるため、競売よりも高く売却できます。

 

任意売却を検討しているのであれば、「全国任意売却支援相談室(千里コンサルティングオフィス)」までご相談ください。

任意売却のプロがご相談からアフターフォローまで、全国どこでも対応いたします。

住宅ローンの最新記事

1354住宅ローンを払うお金がない人が家を売る方法!そのほかの借金が返せない場合の選択肢も解説

2024/7/2

住宅ローンの期限の利益喪失事由とは?意味や内容、注意点も詳しく解説!

住宅ローンを滞納し続けると、期限の利益を喪失し様々なデメリットが発生します。 この記事では、どのようなときに期限の利益を喪失するか、期限の利益を

1348住宅ローンを払うお金がない人が家を売る方法!そのほかの借金が返せない場合の選択肢も解説

2024/6/10

住宅ローンは延長できるの?住宅ローン延長・メリット・デメリットを徹底解説!

コロナ禍の影響や物価高騰により収入が減り、住宅ローンの返済がキツイという方もおられることでしょう。 そのような場合に有効な手段が「住宅ローンの延

1330住宅ローンを払うお金がない人が家を売る方法!そのほかの借金が返せない場合の選択肢も解説

2024/5/1

転勤になった際、持ち家はどうする?ローンがある場合の対処法も解説!

転勤の辞令が出た際、住んでいるのが賃貸物件なら解約して、転勤地で新たに賃貸をすれば済みますが、持ち家の方はそうはいきません。 この記事では、持ち