東京・大阪・神戸(兵庫)・京都・横浜(神奈川)・千葉・埼玉の任意売却や住宅ローンの相談所

きっとリセットできる任意売却専門相談室

土日祝も受付中

千里コンサルティングオフィス株式会社

お気軽にご相談ください 無料相談 秘密厳守 0120355064 営業時間 9:00~20:00(土・日・祝もOK)

メールでのご相談はこちら

ホーム任意売却相談室ブログ > 宅地建物取引業とは? 不動産業との違い

任意売却相談室ブログ

宅地建物取引業とは? 不動産業との違い

宅地建物取引業と、不動産業は一見同じのように思えますが、実は明確な違いがあります。

以下、宅地建物取引業についての説明をした後に、違いを述べます。

 

宅地建物取引業とは

宅地建物取引業とは、

■土地・建物等の売買・交換・賃貸の仲介

■分譲住宅の販売代理

を行なう事業のことです。

この事業を行なうためには『宅地建物取引業法』(通称:宅建業法)で定める免許が必要です。

なお、免許の有効期間は5年です。

 

免許を受けるのに詳細な基準がある

宅建業法が制定された大きな理由の一つに、

■第二次世界大戦後、専門的な知識や経験のない者が不動産取引に従事し、著しい混乱を招いた

ということがあります。

そのため、免許を受けるためには、詳細に定められた基準があります。

その中の一つに、法定で定められた数の『宅地建物取引士』を置いていることというものがあります。

 

所管官庁は国土交通省

宅地建物取引業の所管官庁は国土交通省です。

複数の都道府県にまたがって事務所を設置する場合は、国土交通大臣から免許を受けます。

一方、1つの都道府県にしか事務所がない場合、都道府県知事から免許を受けます。

 

宅地建物取引業の規制の対象業務ではないケース

自ら不動産を持ち、賃貸する場合には宅地建物取引業には当たりません。

これは貸しビルやアパート・マンションの経営をすることも含まれます。

 

宅地建物取引業と不動産業の違いとは

そもそも不動産業とは

売買・仲介(二つ合わせて媒介とも)

賃貸(土地・住宅・ビルの大家)

管理(分譲マンション・賃貸物件の管理)

と大きく分けて、3つの業務があります。

 

この全てが宅地建物取引業(宅建業)に当てはまるかというとそうではありません。

前項に述べた通り、宅建業は、売買や仲介といった取引・流通を取り扱う業種のみが含まれます。

 

スタッフブログの最新記事

509宅地建物取引業とは? 不動産業との違い

2019/5/23

一般媒介・専任媒介・専属専任媒介のメリット・デメリット

前回の記事では、不動産会社との媒介契約について説明いたしました。 比較表も載せたので、おおよそのところはつかめたのではないかと思います。

501宅地建物取引業とは? 不動産業との違い

2019/5/16

不動産の媒介契約とは? 3つの媒介契約を比較

事情があって家を売りたいと思ったとき、買主が(決まって)いない場合、専門家である不動産会社に依頼されると思います。 そこで出てくる言葉が『媒介契

500宅地建物取引業とは? 不動産業との違い

2019/5/8

瑕疵担保責任とは? 具体例を挙げて説明

どんな業界にも専門用語というものはありますが、日常生活では、ご自身の専門分野以外に触れることはあまりないと思います。 しかし、新居ご購入などに伴

  • 0120-15-2080

営業時間 9:00~20:00(土・日・祝もOK)

  • 0120-15-2020

営業時間 9:00~20:00(土・日・祝もOK)

メールからのご相談・お問い合わせは、コチラ