住宅ローンのクレジットカード払いは可能かを解説 | 大阪で住宅ローンのお悩み相談なら千里コンサルティングオフィス

きっとリセットできる任意売却専門相談室

土日祝も受付中

千里コンサルティングオフィス株式会社

お気軽にご相談ください 無料相談 秘密厳守 0120355064 営業時間 9:00~20:00(土・日・祝もOK)

メールでのご相談はこちら

大阪で任意売却なら千里コンサルティングオフィス任意売却相談室ブログ > 住宅ローンのクレジットカード払いは可能かを解説

任意売却相談室ブログ

住宅ローンのクレジットカード払いは可能かを解説

ここ最近、キャッシュレスの生活を送る人が増えてきました。

クレジットカードや電子マネーの普及が、それを後押ししています。

中でも、クレジットカードで支払いを済ませると、ポイントが溜まり、色々なサービスを受けることができるので使っている方は多いと思います。

 

普段のショッピングよりも金額が大きな住宅ローンをクレジットカード払にできれば、ポイントが多く貯まり、お得ですよね。

とはいえ、住宅ローンはクレジットカード払いできるものなのでしょうか。

 

住宅ローンはクレジットカード払い可能?

残念ながら、住宅ローンはクレジットカードによる支払いはできません

以下、その理由について説明します。

 

ローン払いとクレジットカード払いの違い

ローンとクレジットカードは、どちらもお金を借りて支払っているという意味では同じです。

 

しかし、両者の大きな違いは、

担保があるかないか

という点です。

 

担保とはローン支払いが不可能になった場合に、それを元にローンを回収できるよう金融機関に提供するものです。

住宅ローンにおける担保は購入する住宅それ自体が担保になります。

ローン契約者の支払いが滞った場合には、担保となっている住宅を差し押さえることで現金を回収することができます。

 

つまり、ローンの申し込み者が返済できなくなったとしても、担保があることによって金融機関は貸倒となるリスクを減らすことができるわけです。

そのため、住宅購入のような大きな金額を借りることが可能になっています。

 

クレジットカードは無担保融資

このような特徴を持つローンに対し、クレジットカードは信用情報に基づく無担保融資です。

信用情報を調べたり、収入などを確認されたりする審査はあるものの、支払い能力があると判断されればクレジットカードは作ることができます。

この審査によってクレジットカードでは限度額が設定されます。

 

大抵の場合、この限度額は住宅ローンのような高額な支払いができるほどの金額にはなりません。

その理由はクレジットカードの場合、担保がないからです。

 

担保もなく高額な限度額を設定してしまうと、返済ができなくなったとしても、カード会社は貸したお金を回収すことができません。

回収できなければ、返済不可能になった時点の残高がそのまま貸倒れになってしまいます。

その損失は住宅ローンのような大きな金額であれば非常に大きくなるためカード払いはできないようになっているというわけです。

 

スタッフブログの最新記事

765住宅ローンのクレジットカード払いは可能かを解説

2021/8/9

オリンピック閉会式

こんにちは! 毎日暑くてヘロヘロな藤田です(毎年のことですが) さて、昨日は東京2020オリンピックの閉会式でしたね コロナと猛暑の中、各国

740住宅ローンのクレジットカード払いは可能かを解説

2021/7/9

リースバックについて検討中の方は必ずお読みください。

最近、コロナ不況の為チャンスと見てか、大手の戸建建売会社や マンションデベロッパー等が こぞってお金をかけて、リースバックの広告を打ってい

738住宅ローンのクレジットカード払いは可能かを解説

2021/7/4

広告用新バナー

こんにちは! 週一はブログ書くように言われていますが、筆不精の藤田ですゆえご勘弁を。。 それにしても梅雨長すぎ。。 関東方面では、大雨による