東京・大阪・神戸(兵庫)・京都・横浜(神奈川)・千葉・埼玉の任意売却や住宅ローンの相談所

きっとリセットできる任意売却専門相談室

土日祝も受付中

千里コンサルティングオフィス株式会社

お気軽にご相談ください 無料相談 秘密厳守 0120355064 営業時間 9:00~20:00(土・日・祝もOK)

メールでのご相談はこちら

ホーム任意売却相談室ブログ > 【家を売りたい方へ】仲介会社と販売代理会社の違いとは?【不動産知識】

任意売却相談室ブログ

【家を売りたい方へ】仲介会社と販売代理会社の違いとは?【不動産知識】

家を売りたいと思ったときに、必ず考えるべきは買ってくれる相手を探すことです。

といっても、ツテがあるならまだしも、一般的には個人が家を売るのはなかなか難易度が高いようです。

 

そんなときに頼るのは、不動産会社ですよね。

しかし、一口に不動産会社と言っても、契約によって販売形式が違いますので注意しましょう。

今回の記事では、仲介会社と販売代理会社の違いを紹介します。

 

仲介会社とは?

不動産売買の形態として、最も多いのが、この『仲介』です。

 

仲介会社とは、売主の代わりに広告活動を行い、買主が現れたら、売主と買主の間に入って契約を取りまとめてくれる会社のことです。

また、買主の希望条件を聞き、それに合った物件を探す業務も行います。

 

契約が成立したら、『(売買価格×3%+6万円)+消費税』の仲介手数料を不動産会社に支払います。

 

仲介のことを媒介と言うこともあります。

 

 

販売代理会社とは?

販売代理においては、不動産会社が売主から代理権を与えられるため、立場は売主と不動産会社が一緒ということになります。

なので、買主から見ると不動産会社が売主のように見えます。

そのため、一般的に買主には仲介手数料がかかりません。(仲介してもらっているわけではないので当然ですが)

 

売主が不動産会社に支払う金額は、売主側と買主側の手数料を合わせた額になることがあります。

しかし、これも契約によって違うので一概には言えないところです。

 

 

ちなみに『売主』という取引態様も

仲介、販売代理以外の取引態様に『売主』というのもあります。

不動産会社のチラシやホームページで、『売主』と書かれた物件があるのをご存知の方もいると思います。

これは、不動産会社の自社物件のことです。

 

不動産会社が直接取引を行いますので、情報が正確で返事が早く、仲介手数料がかからないというメリットがあります。

とはいえ、自社物件のみ取り扱っている会社も多いので、紹介してもらえる物件が少ないとデメリットも。

住宅を購入する際、希望条件にドンピシャという場合にオススメです。

 

スタッフブログの最新記事

530【家を売りたい方へ】仲介会社と販売代理会社の違いとは?【不動産知識】

2019/5/31

不動産や不動産契約に関する英語を調べてみました。

不動産事業に携わっていると、外国のお客様が来られることもあると思います。 基本的に、日本国内の不動産取引は日本語の書類で行なうのが慣例とはいえ、

509【家を売りたい方へ】仲介会社と販売代理会社の違いとは?【不動産知識】

2019/5/23

一般媒介・専任媒介・専属専任媒介のメリット・デメリット

前回の記事では、不動産会社との媒介契約について説明いたしました。 比較表も載せたので、おおよそのところはつかめたのではないかと思います。

501【家を売りたい方へ】仲介会社と販売代理会社の違いとは?【不動産知識】

2019/5/16

不動産の媒介契約とは? 3つの媒介契約を比較

事情があって家を売りたいと思ったとき、買主が(決まって)いない場合、専門家である不動産会社に依頼されると思います。 そこで出てくる言葉が『媒介契

  • 0120-15-2020

営業時間 9:00~20:00(土・日・祝もOK)

  • 0120-15-2080

営業時間 9:00~20:00(土・日・祝もOK)

メールからのご相談・お問い合わせは、コチラ