東京・大阪・愛知・兵庫・京都・神奈川・その他どこでもオンライン対応可能!任意売却や住宅ローンの相談所

きっとリセットできる任意売却専門相談室

土日祝も受付中

千里コンサルティングオフィス株式会社

お気軽にご相談ください 無料相談 秘密厳守 0120355064 営業時間 9:00~20:00(土・日・祝もOK)

メールでのご相談はこちら

ホーム任意売却の解決事例 > 奥さんとの思い出がつまった自宅が競売に

任意売却の解決事例

奥さんとの思い出がつまった自宅が競売に

大阪府住在のK様の事例

住  所:大阪府大阪市
職  業:会社員
年  齢:50代
家族構成:独身
債務残額:1,400万円
売却残額:900万円

8年前に住宅ローンを借り受け、一軒家を購入したKさん。大阪市内の某大手企業に勤めるKさんの年収は600万、同じく大阪市内の印刷会社に勤める奥さんの収入400万円とあわせて、60歳になるまでに余裕をもって返済できる計画をたてていました。

しかし奥さんが体調を崩され入院、治療の甲斐なくお亡くなりました。精神的ショックはもちろん、ローンの返済計画も大きく見直さざるを得ず常識的な観点から完済は困難という流れに。

債権者から売却を迫られ、奥さんとの思い出がつまった自宅を手放すことに抵抗があったKさんはそれを拒否。懸命に働いて返済し続けましたが、返済が滞ることは避けられず、遂に競売開始の通知が届きました。

競売を回避するため迅速な任意売却が必要

競売が成立してしまうと、強制的に立ち退きを迫られることになります。 Kさんはそれだけは絶対に避けたいとして、弊社に任意売却の手続きを依頼されました。

Kさんの事例では、競売の成立までの間に任意売却を成立させること、任意売却後もKさんが自宅に住み続けられるようにすること、この2点が重要と判断。

大阪市内の一軒家購入に興味を持っていて2点の条件達成を受諾してくれる投資家と交渉し、Kさんの任意売却は無事に成立しました。

任意売却しながらも住み続ける、という選択

債務残額1,400万円のところ、売却価格900万円で任意売却が成立しました。 時間をかければもう少し高めでの売却成立も望める案件でしたが、競売成立までというタイムリミットが重い足かせとなってしまいました。

ですが、任意売却後も自宅に住み続けられるように取り計らうことはでき、将来的に投資家から買い戻す余地も残すことができました。

  • 0120-15-2020

営業時間 9:00~20:00(土・日・祝もOK)

メールからのご相談・お問い合わせは、コチラ