東京・大阪・愛知・兵庫・京都・神奈川・その他どこでもオンライン対応可能!任意売却や住宅ローンの相談所

きっとリセットできる任意売却専門相談室

土日祝も受付中

千里コンサルティングオフィス株式会社

お気軽にご相談ください 無料相談 秘密厳守 0120355064 営業時間 9:00~20:00(土・日・祝もOK)

メールでのご相談はこちら

ホーム任意売却の解決事例 > 突然のケガから解雇、収入不安に……

任意売却の解決事例

突然のケガから解雇、収入不安に……

神戸市住在のG様の事例

住  所:兵庫県神戸市
職  業:会社員
年  齢:40代
家族構成:妻、長女
債務残額:800万円
売却残額:500万円

神戸市内の某企業で営業として働いていたGさんは、営業先に車を走らせている最中の事故で腰に大きなケガを負ってしまいました。

幸い、後遺症が残るほどではありませんでしたが長期入院が必要になり、ようやく退院できるという頃には、既に職場を解雇されていました。

奥さんと娘さんの生活を支えていたGさんが失職してしまったことで、5年前に借り入れた住宅ローンの返済が困難となり、あと少しで自宅が競売にかけられる、という状況まで追い込まれてしまいました。

債務の整理と同時に、新生活の基盤を整える

Gさんは自宅を手放すことを決意。神戸の弊社事務所に、任意売却のご依頼をいただきました。
Gさんの事例では、できるだけ高額での任意売却を目指すことはもちろん、新生活を始めるための基盤を整えることも重要と考えました。主な収入源を失ってしまったGさんには転居費用を捻出することも難しく、そのため転居費用の負担をお願いできる方に購入してもらえるよう努めました。
競売成立時期が近づく中、どうにか条件を満たす買主様と交渉し、任意売却が成立しました。

再生活のスタート

債務残額800万円に対して任意売却の成立額は500万円。
完済とはならず、返済の継続は困難と判断されたGさんは自己破産を宣告し、裁判所に認められて免責となりました。
物件の買主様に転居費用として80万円を負担していただいたおかげで、神戸市内の賃貸アパートへの転居は難なく済みました。Gさんは現在、再就職先を探しておられるようです。

  • 0120-15-2020

営業時間 9:00~20:00(土・日・祝もOK)

メールからのご相談・お問い合わせは、コチラ