東京・大阪・愛知・兵庫・京都・神奈川・その他どこでもオンライン対応可能!任意売却や住宅ローンの相談所

きっとリセットできる任意売却専門相談室

土日祝も受付中

千里コンサルティングオフィス株式会社

お気軽にご相談ください 無料相談 秘密厳守 0120355064 営業時間 9:00~20:00(土・日・祝もOK)

メールでのご相談はこちら

ホーム任意売却の解決事例 > 親戚の借金を肩代わりしなければならなくなった

任意売却の解決事例

親戚の借金を肩代わりしなければならなくなった

横浜市住在のF様の事例

住  所:神奈川県横浜市
職  業:会社員
年  齢:40代
家族構成:妻、息子、娘
債務残額:4,300万円
売却残額:2,600万円

Fさんは、事業を始めるという親戚の借金の連帯保証人になりました。

ところが、事業に失敗した親戚は借金を残して蒸発。
借金の請求は全て、連帯保証人であるFさんのもとへやってきました。

Fさんはご両親から受け継いだ不動産を所有していましたが、それを売っても完済には足りません。

このままでは、住み慣れた横浜の街のマイホームまで手放す羽目になってしまうと思い、弊社へご相談に来られました。

家を手放したくないという気持ちを最大限尊重

Fさんが最もこだわったのは、今の家に住み続けることでした。それを聞いて、弊社の担当者はすぐに、リースバックを前提に売却活動を始めました。

リースバックとは、任意売却が成功した後、購入者からその家を借りて住むことです。弊社のネットワークを最大限に活用し、リースバックに応じてくれる投資家の方を見つけることができました。
また、望まずも多重債務者になってしまったFさんのために、債務整理の経験豊富な弁護士も弊社で紹介させて頂きました。

いつか家を買い戻すという目標に向かって

Fさんは、親戚の借金返済が一段落ついたら、マイホームを買い戻すことを目標にしています。
Fさんの収入状況も踏まえて検討し、購入希望者との交渉段階で、買い戻しに関する契約を結ぶこともできました。

  • 0120-15-2020

営業時間 9:00~20:00(土・日・祝もOK)

メールからのご相談・お問い合わせは、コチラ