東京・大阪・愛知・兵庫・京都・神奈川・その他どこでもオンライン対応可能!任意売却や住宅ローンの相談所

きっとリセットできる任意売却専門相談室

土日祝も受付中

千里コンサルティングオフィス株式会社

お気軽にご相談ください 無料相談 秘密厳守 0120355064 営業時間 9:00~20:00(土・日・祝もOK)

メールでのご相談はこちら

ホーム任意売却の解決事例 > 夫婦の夢は破れ、借金だけが残った

任意売却の解決事例

夫婦の夢は破れ、借金だけが残った

神戸市住在のY様の事例

住  所:兵庫県神戸市
職  業:自営業
年  齢:40代
家族構成:妻、息子
債務残額:2,000万円
売却残額:1,950万円

Yさんは神戸の港町で奥さんと共に和食料理のお店を営んでいました。
ところが、ようやく経営が軌道に乗ったという頃に、Yさんが自損事故で怪我をしてしまったのです。

休業を余儀なくされて収入が絶たれた一方、治療費や入院費で出費は増えていきました。 住宅兼店舗のローン返済が滞り、Yさん夫婦は泣く泣くお店を諦めることにしたのです。

借金はできるだけ少なく、手元にお金も残したい

Yさんの体調を考えて、弊社の担当者との話し合いはYさん宅で行うのが中心となりました。
長年の夢が破れたことでご夫婦共かなり憔悴されていたので、焦らずじっくりお話を伺いました。
当面の収入がないことを考えると、任意売却後に、しばらくの生活費とYさんの医療費を確保する必要があります。
競売の場合、売却価格は全て返済に充てられてしまいますが、任意売却であれば、売却価格の一部を引越し資金という名目で手元に残すことができます。

借金の不安がなくなり、落ち着いて療養できるように

任意売却の末、「債務額-売却価格」を100万円以下に抑えることができました。
Yさん一家は、引越し資金を持って神戸を離れ、今は田舎で暮らしておられます。
Yさんの怪我が治って働けるようになったら、残債はすぐに完済できることでしょう。

  • 0120-15-2020

営業時間 9:00~20:00(土・日・祝もOK)

メールからのご相談・お問い合わせは、コチラ