東京・大阪・愛知・兵庫・京都・神奈川・その他どこでもオンライン対応可能!任意売却や住宅ローンの相談所

きっとリセットできる任意売却専門相談室

土日祝も受付中

千里コンサルティングオフィス株式会社

お気軽にご相談ください 無料相談 秘密厳守 0120355064 営業時間 9:00~20:00(土・日・祝もOK)

メールでのご相談はこちら

ホーム任意売却の解決事例 > 投資の失敗が原因で経営中のマンションから撤退

任意売却の解決事例

投資の失敗が原因で経営中のマンションから撤退

神戸市住在のT様の事例

住  所:兵庫県神戸市
職  業:会社員
年  齢:50代
家族構成:妻
債務残額:1,400万円
売却残額:1,000万円

神戸市内で2棟のマンションを保有しているTさん。
賃貸物件として不動産業者を介して人に貸し出しており、600万円ほどの継続的な家賃収入があります。

ですが、利益拡大のための投資に失敗して大きな損失を出してしまい、諸々の維持費の支払い、そして住宅ローンの支払いが困難という理由で、経営から手を引かざるを得ない状況となってしまいました。

その時点で、Tさんの債務残額は1,400万円。
Tさんは、マンションを手放すことを決意されます。

住人に迷惑をかけないようにしたい

弊社の神戸事務所で、Tさんご夫婦からマンションの任意売却に関する諸手続きのご依頼をいただきました。
Tさんご夫婦のご依頼内容は、住人に面倒なことを押し付けずに済むような任意売却の成立。立ち退きを迫ることがないようにするのはもちろん、家賃の値上げも絶対に起こらないようにして欲しいと懇願されました。
その条件を最重要事項として考慮し、神戸市内で投資用賃貸マンションを探しておられた投資家と交渉。Tさんの希望を叶える形で、マンションをご購入いただくことができました。

住居を変えることなく、今までの生活を送れるように。

マンションの売却価格は1,000万円。市場価格にはわずかに及ばない額での任意売却成立となりましたが、Tさんにはご満足いただけたようです。また、投資家の方のご好意で、Tさんご夫婦はマンションの管理人室でそのまま住み続けられるようにしていただけました。
住宅ローンの返済については、弊社スタッフが債権者との話し合いに同席し、返済計画の見直しを提案。月5,000円の返済を続けていく形で同意いただけました。

  • 0120-15-2020

営業時間 9:00~20:00(土・日・祝もOK)

メールからのご相談・お問い合わせは、コチラ