大阪・東京・神戸(兵庫)・京都・横浜(神奈川)・千葉・埼玉の任意売却や住宅ローンの相談所

きっとリセットできる任意売却専門相談室

土日祝も受付中

千里コンサルティングオフィス株式会社

お気軽にご相談ください 無料相談 秘密厳守 0120355064 営業時間 9:00~20:00(土・日・祝もOK)

メールでのご相談はこちら

ホーム任意売却の解決事例 > 競売開始決定の通知、不動産会社にも見放され

任意売却の解決事例

競売開始決定の通知、不動産会社にも見放され

川崎市のH様の事例

住  所:神奈川県川崎市
職  業:自営業
年  齢:50代
家族構成:母、妻、娘1人
債務残額:2,800万円
売却残額:1,500万円

Hさんは、複数の機関からお金を借りていました。ある日、そのうちの1つである住宅金融支援機構から、担保不動産競売開始決定通知が届いたのです。

やがて他の債権者からも差し押さえがくるという不安に駆られ、Hさんはすぐに任意売却という手段を選びました。ところが、川崎市内の不動産会社に任意売却を依頼したものの、債権者が複数いるケースは難しいからと断られ、弊社に相談に来られました。

それぞれの債権者と交渉を重ねる

まず、競売にかけられることを避けるため、差し押さえ通知を出してきた住宅支援機構との交渉に当たりました。残りの銀行や信販会社にも任意売却の承諾を頂き、最終的に約1,500万円で売却することができました。

それまで、債権者と面談や不動産購入希望者の見学受け入れなど、Hさん自身が積極的に努力されたことも成功の大きな一因です。

思い切って自己破産。借金ゼロからの再スタート

任意売却は成功しましたが、Hさんは、残債をゼロにするために自己破産を申請されました。 完済の目処が立たないままローンを支払い続けていた頃に比べて、とても気持ちが楽になったそうです。

また、新生活を送るための賃貸物件についても弊社にお任せ頂き、初期費用がほとんどいらない形でのご入居となりました。

  • 0120355064

営業時間 9:00~20:00(土・日・祝もOK)

メールからのご相談・お問い合わせは、コチラ